トップページへ戻る > ネットバンクの定期預金活用ガイド

ネットバンクの定期預金活用ガイド

ネットバンク

まとまったお金が入るボーナス時など、定期預金にしようか
投資信託、それとも個人投資を始めようか迷いますよね。

その中で定期預金に様々な新型定期が登場しています。


複雑な金融商品が多い中でも、シンプルな商品で
満期まで預ければ元本が保障されています。

この新型は何が新しいのか?というと、
満期特約が付いている点が通常の定期預金と違い、
10年が5年に短縮されたり3年が10年に延長されたりします。

この満期日はこちらで判断する事が出来ず、
あくまで販売側の銀行が判断して決定します。


満期日が確定していない代わりのメリットとして
金利が優遇されている商品なので、通常の定期預金より
有利でお得な定期預金です。

ただ、気を付けて置きたいのは、
満期までに解約すると、解約手数料がかなり割高な点です。

中途解約の場合は相当な確率で元本割れする危険性があるので、
預ける最大期間までは解約しない事を前提に預けたい所です。


現在こういった新型の定期預金を扱っているネット銀行は
「イーバンク銀行」と「新生銀行」です。

イーバンク銀行では5年または3年の「アコーディオン5」が
年1.05%と高金利で、この商品は最大5年間で預け入れ後3年目に
継続かどうかの判断をイーバンク銀行が行うという商品です。

イーバンク銀行(外貨預金・資産運用)

他にも期間と金利の違う商品や外貨定期でも特約商品があります。


新生銀行の場合は「円仕組預金」と言われる商品になり、
こちらでも満期日を新生銀行が判断する商品で満期までなら
元本が保障され、金利が通常より優遇されています。

新生銀行(詳細)

どちらの銀行の商品も1万円など少額からの取引が出来ず、
10万円から10万円単位や30万円からなどとなっています。

それでも新生銀行の場合を取って見れば、
店頭では300万円からとなっているので、ネット口座からの
申し込みにはメリットがあると言えます。


短期で利用目的のない資金の預け先としては有利な商品なので、
定期預金を検討している方は一度確認してみると良いと思います。

ネット銀行の魅力と特徴
ネット銀行の魅力とは?
一般銀行のネット口座
ネット専業の銀行口座
リスクについても知っておく
金利について解説
手数料はどれぐらい?
ATMとカードの使い勝手は
外貨預金で活用
住宅ローンで活用
各種ローンもOK!
ネット銀行の活用
生活用口座として活用
貯蓄・資産運用口座として活用
事業用口座として活用
外貨宅配を活用
ネットオークションでの活用
公営競技など趣味での活用
デビットカードの活用
ネット銀行を条件で比較
預金金利を比較する
振込み手数料で比較する
ATM手数料、提携先で比較する
法人口座で比較する
外貨預金で比較する
住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
普通・定期の預金金利
振込み手数料とATM
外貨預金・資産運用
法人口座の開設
各種取扱ローン
ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行
普通・定期の預金金利
振込手数料とATM
外国為替証拠金取引・投資信託
法人口座の開設
オークション提携サービス
toto購入・公営競技サービス
各種取扱ローン
その他主なネット銀行紹介
新生銀行
スルガ銀行ネットバンク支店
じぶん銀行
銀行預金と資産運用
銀行キャンペーンについて
預金とインフレについて
年代による資産運用
年金商品は有利なのか?
ネット銀行の開設状況
開設状況(08下半期)
個人型確定拠出年金(個人型401k)
外貨預金とFXの違い
MoneyLook with Yahoo! JAPANで一括管理
ネットバンクの定期預金活用ガイド
ネット銀行お薦めのキャンペーン
ネット銀行フル活用!並行利用でお得に入出金
お気に入りリンク
お気に入りリンク1
お気に入りリンク2
全銀協
日本銀行
Copyright © 2009-2010 ネット銀行の金利比較 【ネットバンク人気ランキング】. All rights reserved