トップページへ戻る > 個人型確定拠出年金(個人型401k)

個人型確定拠出年金(個人型401k)

サラリーマン

個人型確定拠出年金をご存じでしょうか?

おそらく会社員の方の中には、
企業型確定拠出年金によって、企業年金を自分で判断して
運用されている方もいると思います。

この企業型は企業の代わりに自分が投資判断するものです。


一方の個人型では、自分で加入を判断した上で積立て、
更に運用の内容も自分で判断すると言うものです。

この個人型のメリットは会社員だけではなく、
自営業を営む個人の方なども加入が可能な点です。
ただし、会社員の方で会社に企業年金制度がある場合は
加入が出来ないので、注意して下さい。


確定拠出年金のメリットは複数ありますが、
特に大きなメリットは何と言っても税制上の優遇面です。

毎月の積立金はそのまま所得控除の扱いとなるので、
年間では国民年金加入者で年80万円程度、
厚生年金加入者の場合なら年21万円程度を上限に
所得控除を受ける事が可能になります。

これが高額所得なら税率範囲が変わる場合もあるので、
大きな税制上のメリットとなります。


よく、確定拠出年金と塁投などを同じように言われたりしますが、
投資信託の場合は毎月の積立分も課税の対象になるので、
確定拠出年金はその点でも大きく有利です。

まして毎年の事ですから、積立てによって毎年の事となると
累積で大きな金額の節税に繋がります。


同じ所得控除が受けられる個人年金保険の上限である年5万円と
比べて見ても節税の大きさが分かります。

特に自営業者の方であれば、加入年金は国民年金ですから
年間で80万円ほどの節税メリットは大きいと思います。


さらに・・・何かメリットばかり強調してますが、運用期間中の運用益には
課税される事もないので、本来は税金で差引かれるはずの利益を
複利で運用出来るので複利効果も大きいと言えます。


デメリットについてですが、運用判断を自分で行わないといけない事や
掛け金は月払いで、受取りも年金の補完商品の性格から
60歳〜70歳からの受取りになる事などです。

あまりアピールされる事のない商品ですが、
地味で販売業者にメリットの少ない商品と言うのはそんなものです。


また、企業年金を運用されてきた方の場合でも
個人型に非課税で移換する事も可能なので、厚生年金基金や
確定給付企業年金の脱退一時金も個人型に移換できます。


後は受取り時や相続税のメリットなどもあって、
場合によってはこちらのメリットが大きいかも知れません。


個人型の確定拠出年金は「SBI証券」で扱っているので、
詳しく知りたい方はシュミレーションも用意されているので、
詳細をよく確認してみて下さい。

個人的には企業年金がなければ、投資信託よりもお勧めだと思います。


SBI証券「個人型確定拠出年金プラン」

上記の中の取扱その他金融商品内にある「個人型年金」が
個人型年金401kプランになります。

ネット銀行の魅力と特徴
ネット銀行の魅力とは?
一般銀行のネット口座
ネット専業の銀行口座
リスクについても知っておく
金利について解説
手数料はどれぐらい?
ATMとカードの使い勝手は
外貨預金で活用
住宅ローンで活用
各種ローンもOK!
ネット銀行の活用
生活用口座として活用
貯蓄・資産運用口座として活用
事業用口座として活用
外貨宅配を活用
ネットオークションでの活用
公営競技など趣味での活用
デビットカードの活用
ネット銀行を条件で比較
預金金利を比較する
振込み手数料で比較する
ATM手数料、提携先で比較する
法人口座で比較する
外貨預金で比較する
住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
普通・定期の預金金利
振込み手数料とATM
外貨預金・資産運用
法人口座の開設
各種取扱ローン
ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行
普通・定期の預金金利
振込手数料とATM
外国為替証拠金取引・投資信託
法人口座の開設
オークション提携サービス
toto購入・公営競技サービス
各種取扱ローン
その他主なネット銀行紹介
新生銀行
スルガ銀行ネットバンク支店
じぶん銀行
銀行預金と資産運用
銀行キャンペーンについて
預金とインフレについて
年代による資産運用
年金商品は有利なのか?
ネット銀行の開設状況
開設状況(08下半期)
個人型確定拠出年金(個人型401k)
外貨預金とFXの違い
MoneyLook with Yahoo! JAPANで一括管理
ネットバンクの定期預金活用ガイド
ネット銀行お薦めのキャンペーン
ネット銀行フル活用!並行利用でお得に入出金
お気に入りリンク
お気に入りリンク1
お気に入りリンク2
全銀協
日本銀行
Copyright © 2009-2010 ネット銀行の金利比較 【ネットバンク人気ランキング】. All rights reserved