トップページへ戻る > 年金商品は有利なのか?

年金商品は有利なのか?

年金

今は誰でも年金など老後の資金に不安を抱えています。
実際、銀行に行けば年金商品がずらりと並んでいます。

では、こういった年金商品が得なのか?ですが、
個人的には優先するべきかどうかは疑問です。


年金には国民年金や厚生年金、公務員の共済年金があり、
こういった公的年金だけでは、今後予想される消費税などの
増税や少子高齢化に伴った年金給付額の削減の不安を
すべて拭い去る事ができません。

そこで民間の年金商品が人気となるのですが、
個人年金保険についてメリットとデメリットを考えてみます。


個人年金保険には大きく二種類あり、「定額」か「変額」です。
定額は利率の決まったもので、受け取れる年金額が事前に
分かっている年金保険です。

もちろん安全で確実ですが、リターン(利率)も低く、
資産運用として考えた場合にコストも考えると魅力が少ないと
言えるかも知れません。

一方の変額個人年金保険は金融機関の運用益次第、
つまりは投資信託を買っているようなものです。
性格的にも似ていて、自分で運用内容を設定するか
金融機関にお任せするかです。


結局は投資信託を買う場合と大差ないように感じます。
むしろ、コスト面からは年金保険の方が不利な気さえします。

さらに中途解約時のコストは他の金融商品とは
比べ物にならないほど高く設定されているので、
数年で解約となると高い解約手数料を払う事になります。

悪い事ばかりの様ですが、大きなメリットも存在します。

まず個人年金保険や確定拠出年金(個人型)には
所等控除があると言う事と確定拠出年金の場合は
退職時に確定拠出期間に応じて退職所得控除もあります。

次に年金保険と言うくらいですから、
死亡時の給付金が発生するのですが、その場合の相続税は
大幅に軽減されるので、大きなメリットがあります。


個人型確定拠出年金については別項で更に詳しく紹介しています。
個人型確定拠出年金

結局はコストとリターンが見合うかどうかなのですが、
「年金」と名前の付いている割には高コストで、
税制的なメリット以外には特にお得感がないのが年金商品です。

ネット銀行の魅力と特徴
ネット銀行の魅力とは?
一般銀行のネット口座
ネット専業の銀行口座
リスクについても知っておく
金利について解説
手数料はどれぐらい?
ATMとカードの使い勝手は
外貨預金で活用
住宅ローンで活用
各種ローンもOK!
ネット銀行の活用
生活用口座として活用
貯蓄・資産運用口座として活用
事業用口座として活用
外貨宅配を活用
ネットオークションでの活用
公営競技など趣味での活用
デビットカードの活用
ネット銀行を条件で比較
預金金利を比較する
振込み手数料で比較する
ATM手数料、提携先で比較する
法人口座で比較する
外貨預金で比較する
住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
普通・定期の預金金利
振込み手数料とATM
外貨預金・資産運用
法人口座の開設
各種取扱ローン
ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行
普通・定期の預金金利
振込手数料とATM
外国為替証拠金取引・投資信託
法人口座の開設
オークション提携サービス
toto購入・公営競技サービス
各種取扱ローン
その他主なネット銀行紹介
新生銀行
スルガ銀行ネットバンク支店
じぶん銀行
銀行預金と資産運用
銀行キャンペーンについて
預金とインフレについて
年代による資産運用
年金商品は有利なのか?
ネット銀行の開設状況
開設状況(08下半期)
個人型確定拠出年金(個人型401k)
外貨預金とFXの違い
MoneyLook with Yahoo! JAPANで一括管理
ネットバンクの定期預金活用ガイド
ネット銀行お薦めのキャンペーン
ネット銀行フル活用!並行利用でお得に入出金
お気に入りリンク
お気に入りリンク1
お気に入りリンク2
全銀協
日本銀行
Copyright © 2009-2010 ネット銀行の金利比較 【ネットバンク人気ランキング】. All rights reserved