トップページへ戻る > ネットバンクで資産運用ガイド

ネットバンクで資産運用ガイド

資産運用

資産運用を始めるのは早いほど良いと、良く聞きます。

確かに資産運用は複利での運用が考え方の元なので、
早く始めれば複利によって大きな効果があると思います。


では年代的に20代なら、何から始めれば良いのか?ですが、
思いっきり個人的な意見で言えば、低リスク商品で良いと思います。

低リスク商品と言っても色々ありますが、
定期預金や国債、国内型の投資信託などです。

変額型の定期預金や国債もそうですが、
国内の投資信託も1万円程度から始める事が出来るので
資金が少ない場合でも十分に資産運用を始められます。

よく、若い内は多少リスクの高い金融商品でも後から
やり直しが利くから大丈夫なんて言いますが、
最初に失敗すると、いつまで経っても資金が貯まりません。


特に20代〜30代では結婚資金や家の購入、出産などによって、
給料に対して支出の多い時期でもあります。

ミドルリスクの株式運用の場合など、資金も多額になるので
20代〜30代の資産運用としては不向きな気がします。

それよりも投資に向けられる資金を少額から始めて、
30代〜40代で運用できる資金作りを始めた方が賢明です。


資金が出来れば投資も分配できるようになるので、
その上で多少のリスクも含んだ商品を扱っていけば良いと思います。

具体的には為替リスクのある外貨預金や外債・外国株、
さらに外貨建てMMFなどの投資信託。
変動リスクをとって株、不動産なども良いと思います。


別項でも少し触れていますが、
資産運用を始めるなら専用の銀行口座で管理する事から
始める事で、その資金を生活から分離できます。

資産運用が上手くいかない原因の一つは、
この分離して管理する事が出来ない事もあります。
口座内が増えたり減ったりすると、心理的に意識が薄れるものです。

少ない資金であればあるほど、安定的な資産運用を始めて
口座内で少しずつでも複利効果を得ながら資産運用していきましょう。

ネット銀行の魅力と特徴
ネット銀行の魅力とは?
一般銀行のネット口座
ネット専業の銀行口座
リスクについても知っておく
金利について解説
手数料はどれぐらい?
ATMとカードの使い勝手は
外貨預金で活用
住宅ローンで活用
各種ローンもOK!
ネット銀行の活用
生活用口座として活用
貯蓄・資産運用口座として活用
事業用口座として活用
外貨宅配を活用
ネットオークションでの活用
公営競技など趣味での活用
デビットカードの活用
ネット銀行を条件で比較
預金金利を比較する
振込み手数料で比較する
ATM手数料、提携先で比較する
法人口座で比較する
外貨預金で比較する
住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
普通・定期の預金金利
振込み手数料とATM
外貨預金・資産運用
法人口座の開設
各種取扱ローン
ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行
普通・定期の預金金利
振込手数料とATM
外国為替証拠金取引・投資信託
法人口座の開設
オークション提携サービス
toto購入・公営競技サービス
各種取扱ローン
その他主なネット銀行紹介
新生銀行
スルガ銀行ネットバンク支店
じぶん銀行
銀行預金と資産運用
銀行キャンペーンについて
預金とインフレについて
年代による資産運用
年金商品は有利なのか?
ネット銀行の開設状況
開設状況(08下半期)
個人型確定拠出年金(個人型401k)
外貨預金とFXの違い
MoneyLook with Yahoo! JAPANで一括管理
ネットバンクの定期預金活用ガイド
ネット銀行お薦めのキャンペーン
ネット銀行フル活用!並行利用でお得に入出金
お気に入りリンク
お気に入りリンク1
お気に入りリンク2
全銀協
日本銀行
Copyright © 2009-2010 ネット銀行の金利比較 【ネットバンク人気ランキング】. All rights reserved