トップページへ戻る > 預金とインフレについて

預金とインフレについて

インフレ

インフレという言葉を聞いた事がある方も多いと思います。

日本は長くインフレとは縁がなかったのですが、
最近の原油など商品高の影響で物価が上がり、
少しずつインフレに対する警戒感も出てきています。


普通預金や定期預金などは安定的な資産運用ですが、
インフレなどの物価上昇には弱い一面も持っています。

インフレと言うのはお金に対して商品の価値が上がる事。
つまりお金そのものの価値が低くなる事を言います。

野菜の価格や電化製品の価格は「お金」を基準に価値を
判断する事が出来る訳ですが、そのお金自体の価値が変わる時、
野菜や電化製品などすべてのモノの値段が変わっていきます。

厳密にはインフレにも色々と種類があって、
現在の物価高は原材料上昇に伴うインフレの形ですが、
預金金利がインフレ率に追い付かない場合は

「預金していても資産が目減りする」

と言う事になります。


少し例をあげると・・・

〇現在100万円で買える商品があるとします。
          ↓10年後
10年後、同じ商品がインフレによって120万円。

この間のインフレによる価格上昇率は20%です。


〇対して預金の場合、同じ100万円を年利1%の定期預金で
          ↓10年後
10年後、預金によって1104622円(複利)になります。

この間の預金によって得られた金利は約10%です。

今なら買えた商品が、10年後に買えない状況となっています。

上記の例では預金によってお金が増えても物価の上昇に
追いつかず、実質的に資産が目減りする事を意味します。


インフレには国が金利によって対策を講じるのですが、
金利が変動しても、固定金利で長期の定期預金を組んでいる場合や
普通預金では対応しきれないのが現実です。

そういったインフレ対策には変動金利の定期預金や国債、
株や不動産など商品に対して投資を始めるか・・です。

一般的に株や不動産など商品の価値はインフレと連動して
その価格は上がっていくものなので、インフレには強い訳ですが
同時に価格の変動リスクも負う事になります。


預金だけでは不十分と言われる時代、日本は預金比率の高い国なので
確かにインフレに対しての備えは必要なのかも知れません。

資産運用にはたくさんの種類があって、
銀行の窓口に行けば、たくさんの金融商品を紹介してもらえます。

しかし、それぞれの投資の性格やリスクについて、
十分に理解しておかないと損を招きかねません。

特に投資信託や銀行のキャンペーン商品や組み合わせ投資など
すこし疑問符の付く金融商品もあったりするものです。

資産運用を始める場合は銀行員の言いなりにならず、
商品のコストやリスクについて把握するようにしましょう。

ネット銀行の魅力と特徴
ネット銀行の魅力とは?
一般銀行のネット口座
ネット専業の銀行口座
リスクについても知っておく
金利について解説
手数料はどれぐらい?
ATMとカードの使い勝手は
外貨預金で活用
住宅ローンで活用
各種ローンもOK!
ネット銀行の活用
生活用口座として活用
貯蓄・資産運用口座として活用
事業用口座として活用
外貨宅配を活用
ネットオークションでの活用
公営競技など趣味での活用
デビットカードの活用
ネット銀行を条件で比較
預金金利を比較する
振込み手数料で比較する
ATM手数料、提携先で比較する
法人口座で比較する
外貨預金で比較する
住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
普通・定期の預金金利
振込み手数料とATM
外貨預金・資産運用
法人口座の開設
各種取扱ローン
ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行
普通・定期の預金金利
振込手数料とATM
外国為替証拠金取引・投資信託
法人口座の開設
オークション提携サービス
toto購入・公営競技サービス
各種取扱ローン
その他主なネット銀行紹介
新生銀行
スルガ銀行ネットバンク支店
じぶん銀行
銀行預金と資産運用
銀行キャンペーンについて
預金とインフレについて
年代による資産運用
年金商品は有利なのか?
ネット銀行の開設状況
開設状況(08下半期)
個人型確定拠出年金(個人型401k)
外貨預金とFXの違い
MoneyLook with Yahoo! JAPANで一括管理
ネットバンクの定期預金活用ガイド
ネット銀行お薦めのキャンペーン
ネット銀行フル活用!並行利用でお得に入出金
お気に入りリンク
お気に入りリンク1
お気に入りリンク2
全銀協
日本銀行
Copyright © 2009-2010 ネット銀行の金利比較 【ネットバンク人気ランキング】. All rights reserved