トップページへ戻る > ネット銀行の手数料

ネット銀行の手数料

ネット銀行の手数料

ネット銀行を利用される方の中には「振込みが便利だから」
という理由でネット銀行口座を持たれる方もいらっしゃると思います。


ネット銀行のメリットである「24時間いつでも振込み予約が出来る」
魅力的なサービスなのはもちろんの事です。

しかし、賃貸の家賃の振込など生活の中で振込みをされる機会が
多い方なら、振込手数料にもネット銀行なら大きなメリットがあります。


まず、ネット銀行の場合は振込みに関して料金的に割安で、
同一銀行での振込み手数料無料に加えて、
他行宛てでも月に振込回数〜回まで無料などのサービスがあります。

また通常の他行宛て振込みで手数料が掛かる場合でも
一般銀行の振込み手数料に比べるとかなり割安です。

しかし、気を付けなくてはいけないのがATMの利用です。
ATMでの振込みの場合は手数料体系が別である場合が多く、
パソコン・携帯・ATM・窓口からの振込手数料は別に確認が必要です。

「提携他行ATMで振込みしたら、両方から手数料を取られた!」

・・・とならない様に無料回数の条件やATM条件には気を付けましょう。


ネット銀行の振込手数料は2008年8月の現段階で
徐々に引き上げられる傾向にあるようで、
イーバンク銀行は2008年9月22日以降に他行宛て振込手数料が
3万円以上の振り込みに対して160円→250円に引き上げられる代わりに
無料回数繰越を適用する事で対応するようです。

新生銀行でも振込手数料のキャッシュバックサービスの一部に
改定を加える予定のようです。


その中でも同行宛て手数料無料、他行宛て手数料が月3回まで無料。
更に4回目からでも1回150 円の手数料体系を持つ住信SBIネット銀行は
現時点で最も振込手数料が有利なネット銀行です。


最後に主な振込先銀行はどこなのか?も重要な事で、
他の銀行の自分名義口座に振り込む機会の多い場合もそうですが、
ネットオークションを利用される場合は振込相手先がイーバンクや
ジャパンネット銀行の場合も多く、それらを利用する方が良い場合もあります。


参考までに手数料体系を下記表にまとめて置きました。
無料回数条件や中には新生銀行の様に口座維持手数料が必要な場合も
あったりしますので、細かな条件内容は各社のHPで要確認です。

銀行名 同行宛て 他行宛て 他行宛て無料回数
住信SBIネット銀行 0円 150円 3回/月
イーバンク銀行 0円 160円/250円 3回/月
ジャパンネット銀行 52円 168円/262円 5回/月
新生銀行 0円 300円 1〜10回/月
楽天銀行 0円/105円 210円 なし
スルガ銀行
ネットバンク支店
0 円 210 円〜420円 なし
※ネット上からの振込の場合

ネット銀行の魅力と特徴
ネット銀行の魅力とは?
一般銀行のネット口座
ネット専業の銀行口座
リスクについても知っておく
金利について解説
手数料はどれぐらい?
ATMとカードの使い勝手は
外貨預金で活用
住宅ローンで活用
各種ローンもOK!
ネット銀行の活用
生活用口座として活用
貯蓄・資産運用口座として活用
事業用口座として活用
外貨宅配を活用
ネットオークションでの活用
公営競技など趣味での活用
デビットカードの活用
ネット銀行を条件で比較
預金金利を比較する
振込み手数料で比較する
ATM手数料、提携先で比較する
法人口座で比較する
外貨預金で比較する
住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
普通・定期の預金金利
振込み手数料とATM
外貨預金・資産運用
法人口座の開設
各種取扱ローン
ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行
普通・定期の預金金利
振込手数料とATM
外国為替証拠金取引・投資信託
法人口座の開設
オークション提携サービス
toto購入・公営競技サービス
各種取扱ローン
その他主なネット銀行紹介
新生銀行
スルガ銀行ネットバンク支店
じぶん銀行
銀行預金と資産運用
銀行キャンペーンについて
預金とインフレについて
年代による資産運用
年金商品は有利なのか?
ネット銀行の開設状況
開設状況(08下半期)
個人型確定拠出年金(個人型401k)
外貨預金とFXの違い
MoneyLook with Yahoo! JAPANで一括管理
ネットバンクの定期預金活用ガイド
ネット銀行お薦めのキャンペーン
ネット銀行フル活用!並行利用でお得に入出金
お気に入りリンク
お気に入りリンク1
お気に入りリンク2
全銀協
日本銀行
Copyright © 2009-2010 ネット銀行の金利比較 【ネットバンク人気ランキング】. All rights reserved